2017 . 07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 2017 . 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
衆院選で懸賞金
衆院選をめぐり、ネットベンチャー「コンパス」(東京都港区)がホームページ上で全選挙区の当落予想を「賭け」の対象として、最高10万円の懸賞金が得られるゲームを行っていることについて同社は十日、HPで現時点での見解をまとめた「お知らせ」を掲載した。

「お知らせ」によると、同社のゲームについて景品表示法の観点から問題点を指摘した公正取引委員会の見解については「会社としては現時点で確認していない」としながらも、「ゲームは景品表示法の範囲内で運営していると認識している」と合法性を強調。今後も引き続きゲームを続けることを表明した。

ただ、勝者と予測された候補者に設けられたオッズ(賭け倍率)を投票が締め切られた11日午後八時に一斉公表するとした当初の方針については「投開票後であっても倍率を公表した場合、人気投票の結果を公表したこととなり、公職選挙法に抵触する恐れがある」とした総務省の見解に従い、賭け倍率をホームページ上で表示することは取りやめることとした。

今回の衆院選は若者も関心はあるようで、投票には行きたいと言っている若者が多く、個人的には選挙権のある人は全員選挙に行ってもらいたいと思っている。しかし、今回のように選挙でゲームをするのはいかがなものかと思う。国の将来を左右するよな行事をゲーム感覚でするのは、如何にも現代日本な感じがする。現実はゲームと違いリセットは出来ないのである、何事も後悔先に立たずの精神で物事に取り組んでもらいたい。
スポンサーサイト

テーマ:衆議院議員選挙 - ジャンル:ニュース

2005 / 09 / 11 ( Sun ) 09:02:46
* ニュース * comment(0) * page top↑
<<投票率、前回を上回る * HOME * 内柴、横沢共に敗れ「銀メダル」>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

comment
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。