2017 . 03 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2017 . 05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
裁判員制度認知で7000万円
09年の春までに導入される裁判員制度
これは国民が刑事裁判に参加する制度であるが
イマイチ認知度や理解度が低い
これを解消する為に最高裁が映画を製作した

その映画は「評議」という映画でこの試写会が昨日行われた。
試写会の定員は400人だが何と4倍以上の約1800人が応募した
これだけ見ると裁判員制度に興味があるのだと思ってしまった

最高裁の町田長官もこれには第万足だったのでしょう
「皆さんはくじ運が強いので将来は裁判員に選ばれると思って観てください」とコメント

しかしこの映画、低予算で作られたわけでもなく
制度理解の為だけに約7000万円かけて上映用フィルムからDVD、ビデオを作成した
う~ん、裁判員を理解してもらう為にはお金が必要なのでしょうか?
映画を観たからと言って理解が深まると言うのは安直でないかと思う

しかも出演者は俳優の中村俊介や榎木孝明、藤田弓子等など
ええ、これでタダなら観に行きますよ

試写会にも参加した俳優陣は「裁判員制度をテレビの中の出来事ではなく自分の問題として考えてほしい」と呼びかけたそうですが
参加者の多くは他人事と考えているんでしょう

7000万円かけた効果が現れるのはあと数年後
その頃には映画の内容や意味も全て忘れていると私は思う



よければ、ポチッとクリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

2006 / 03 / 24 ( Fri ) 16:41:13
* 社会 * comment(0) * page top↑
<<一気飲み防止呼びかけ、子供亡くした親達 * HOME * 大学講師のパソコン盗難される>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

comment
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。