スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
駐車監視員」スタート ニセモノ注意 駐車場業者も受託…問題点
駐車監視員」スタート ニセモノ注意 駐車場業者も受託…問題点

道交法改正による駐車違反取り締まりの民間委託が1日、東京都の12区や、山口市を除く45道府県の県庁所在地など全国102市町の繁華街や幹線道路でスタート。全国270署で、違反車両の確認に当たるのは「駐車監視員」。短時間の違反も取り締まり対象となるが、新制度の導入には拙速の感もあり、いくつかの問題点を残したままでの“発進”だ。

 警察庁によると、受託法人は全国で74法人。主な内訳は警備業41法人、ビル管理業14法人など。全国で約1600人の監視員が登録された。

 監視員は、放置車両を確認後、違反状況を携帯端末に入力して標章(ステッカー)をプリントアウトし、フロントガラスに張った時点で違反が成立。これらの作業は5分ほどの見通し。標章を張るまでにドライバーが戻ってくれば違反にはならない。「速やかに車を移動するか、駐車場に入れて」と警告する。
Sankei Webから引用


今日から違反車両の取締りが厳しくなるそうですが
違反駐車の取締り強化については賛成派です。
違反車両の為に道が狭くなり歩行者が通れない道があったり
道路を走行中の車に対しても迷惑ですので違反車両が無くなれば良いと思う

でも民間委託になっても摘発件数により給与が上がるなどの処置が出てくることが無いようにとも思います
摘発件数などが絡んでくると違反切符の為に反則スレスレの手を使う人が出てきそうなんで。

何にせよ法律で取り締まらないといけないほどマナーが悪くなったことが一番悲しいです

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

2006 / 06 / 01 ( Thu ) 12:34:11
* 社会 * comment(0) * page top↑
back * HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。