スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
毎日新聞、格差の源流に迫る
毎日新聞の記事で、時間外業務の解釈について語られていた

厚生労働省が残業を月45時間以下とすることなどを
事業主に指導するよう求める通達が出されたそうです
NEETなどが増加する一方で働きすぎな人もいる

しかしだれも自分の肉体を酷使してまで残業をしたい訳ではない
おまけにそれが原因で労災・心臓疾患死などが年間300件前後で推移
この数は驚きだがもっと驚きなのは自殺者三万人に対し労働者は4分の1を占めている

テレビで細木和子とNEETの対談をしていた。
画面を見ていると細木和子がNEETに人生を説いている
それらしき事を言っているが結局は働けと言っているだけ
まったくもって役に立たない話だと私は思った。

こういった人と真面目に働いている人の待遇の違いはなんだろうか
満面の笑みで「あんたは変われる」と「努力すれば出来る」、やればできるの一点張り
その努力の強要で自殺する労働者を考えると
誰にでも頑張れや努力しろと言うのは無責任であろう

春の新人達がこういった問題を抱えないような社会を築くには
まだまだ果てしない時間がかかりそうだ



よければ、ポチッとクリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

2006 / 04 / 04 ( Tue ) 22:43:00
* 社会 * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。