スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
上海総領事館員の遺書が見つかる、中国側はコメント無し
久々に腹立たしく思う事件である

04年に上海の日本総領事館の館員が自殺した事件で
館員が中国の情報当局から外交機密にあたる情報の提供を強要されていた事を証明する遺書の全容が明らかになった

遺書の内容は情報当局が自殺した館員に日本総領事館の全館員の出身省庁を聞き出したり
館員が会っている中国人の名前を言えなどといった機密情報を
中国側が聞き出している事を証明するような内容である。
詳しい遺書の内容や経緯は30日の読売新聞やネットニュースなどを見て欲しい

永田氏のメール問題と同じように
キチンと裏が取れているか分からないのが
それでも中国に言いたい事は山ほどある。
続きを読む

テーマ:政治 - ジャンル:ニュース

2006 / 04 / 01 ( Sat ) 01:22:21
* 政治・経済ニュース * comment(2) * page top↑
back * HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。