スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
弛んだ管理体制、米国産牛肉の危険性変わらず
先月輸入再開されたばかりの米国産牛肉が再び輸入禁止になる
原因はBSEの病原体が蓄積されやすく、特定危険部位に指定されている
脊柱が輸入牛肉に混入されていた為である

安全性は保障されている、特定危険部位はきっちり除去する
そういう条件で全頭検査をさせることなく牛肉輸入を再開した日本だが
米国のずさんさは予想の範囲を超えていた、これこそ想定外

あれだけ日本に再開を要求し全頭検査という高いハードルをクリアするではなく
ハードルの下をくぐるような手段で輸入再開された牛肉
人によっては待ちに待った食材、時期的にもクリスマスプレゼントと考えただろうが
まったくもって期待を裏切られた
結局日本は米国の廃棄物処理場でしかないのだろう

今回で米国に対する不信感が以前より大分強くなりましたが
大量に送りつければ少量ならばれないと思ったのでしょうか?
まるで麻薬密輸の手口みたいでいい気持ちがしない



よければ、ポチッとクリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

2006 / 01 / 20 ( Fri ) 23:39:15
* ニュース * comment(0) * page top↑
証拠隠滅か、メール大量消去
ライブドアの証券取引法違反事件で東京地検がライブドアの本社や
グループ内のネットワーク基幹となるサーバーを押収し解析を始めている
そこでライブドアに不審な行動が・・・

押収したパソコンの記録媒体に入っているはずのメールデータが
不自然に失われており、証拠隠滅を図った疑いがある
サーバーの方からデータが消去された形跡は見つかっていない

堀江社長の元側近の自殺と証拠隠滅ともとれるメールの大量消去
どちらも今回の証券法違反を示す大切な証拠だけに
ライブドアの今回の行動には不信感が漂い、堀江社長の口から出る
「大丈夫」が嫌に耳に残る

現在ライブドア株の時価総額が半分ぐらいに下がり、個人投資家は
コツコツ貯めた貯金を取られた上に、自分の負債が増えるのを指をくわえて見るしかない状態である

livedoorのCMではぐるぐる回っていた堀江社長も気付けば浦島太郎状態
ぐるぐる回って気が付けば開店どころか人生に閉店の兆しが見えている



よければ、ポチッとクリックお願いします

テーマ:ライブドア問題 - ジャンル:ニュース

2006 / 01 / 20 ( Fri ) 08:55:46
* ニュース * comment(0) * page top↑
ドラマの認識を改めます
愛媛県の知事が松山市の病院で人間ドッグを受ける際
全館禁煙を知りながら控え室である病室でタバコを吸った事が公表された
喫煙の理由は灰皿があったからという稚拙なもの
ならば目の前に包丁があれば人を刺すのか?と言いたい。

しかし気になったのは喫煙そのものよりもそれが起こった事である
先週から始まった水曜10時フジテレビのドラマで
同じように政治家がタバコを診療室で吸うと言う場面があった
たかがドラマと思っていたら意外と本物志向であるのだと気付かされた

まぁこんな事をするのは一部の人間だけであろうが
それでもドラマの悪徳政治家など現実では同じようなことを行っているのか
ドラマを見るときの楽しみが1つ増えた。

今回知事がタバコを吸った事に対し、タバコをやめろと奨められたが
それは私にとっては死に値する行為なので人に迷惑を掛けずに吸いますと。
結論から言って無理だと思いますが
どうしても吸いたいのなら空の上なら気兼ねする事なく吸えますと助言しよう



よければ、ポチッとクリックお願いします

テーマ:私的ニュース - ジャンル:ニュース

2006 / 01 / 20 ( Fri ) 01:41:48
* ニュース * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。