スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
死ぬほど総理に会いたい
総理官邸の前で「小泉総理大臣に会いたい」と男性が突然のラブコール

このラブコールを送ったのは50代と見られる男性
総理官邸の北門近くで「総理に会いたい」とやってきた。
男性を警察官が説得していたところ
男性が突然持っていたビンの中身を飲み出した
しかしすぐに液体を吐き出した為命に別条はない

中に入っていた液体は白く刺激臭があったが
成分などはまだ分かっていない。

男性がこのような行動に出た詳しい理由はわからないが
小泉総理にあてたと見られる陳情書のようなものを
数通もっており、これについて警視庁が事情を聞いている。

小泉総理に意見があったのかは知らないが
会えないからといって天国に行こうとするのはいかがなものかと。
今天国に行ったとして総理に会えるころには
総理の前に「」がついていると思うが。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 10 / 13 ( Thu ) 23:17:41
* ニュース * comment(0) * page top↑
フレンドリィです暴走族
携帯参加型集会の自由な暴走族。

昔から暴走族といえば族の中では
厳しい上下関係や服装の注意などがあったが
最近ではそれ自体を嫌がる暴走族が出現した。

そんな新タイプの暴走族「リバティー」を引っ張っている
リーダー格の男性が逮捕された。
男性は「昔の暴走族は厳しいしばりがあり嫌だ
走りたいときに走りたい
」と話している。

その言葉通りこのリバティは普段着を着用
集会参加にも強制はなく、参加したい者だけが
参加する「自由形集団暴走」を行っている。

その参加方法も携帯電話で募るらしく
昔を引きずっていた暴走族にも
今風というなの風が吹き始めたのか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 10 / 13 ( Thu ) 19:27:59
* ニュース * comment(0) * page top↑
W杯、予選リーグ戦終了
サッカーW杯予選のリーグ戦方式が終了し
27カ国の強国が出揃った

12日にW杯の予選リーグ戦方式が終了
32枠のうち27チームが決定し本大会に駒を進めた。
この中には前々回優勝という実績を持つが
今回は予選突破を危ぶまれていたフランスも含まれている。

だが今回はW杯常連国のカメルーン
FIFAランキング上位の国が次々と予選で姿を消すなど
早くも波乱の幕開けを予感させる。

残りの5枠をめぐっては
バーレーン、トリニダード・トバゴ
ウルグアイ、オーストラリア
が争う。

この組み合わせの中でも
ウルグアイとオーストラリアは前回大会の
プレーオフでも対戦しており
4年前の再現試合となる。

4年前の無念を晴らしたいオーストラリア
南米の意地に賭けても負けられないウルグアイ
今から試合が楽しみな好カードとなった。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

2005 / 10 / 13 ( Thu ) 17:13:37
* ニュース * comment(0) * page top↑
1億8千万の無駄袋 (BlogPet)
ハム太がここに公社っぽい処分する?
しかもここで鉄夫はここへ鉄夫の名も包装するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハム太」が書きました。
2005 / 10 / 13 ( Thu ) 10:56:21
* ニュース * comment(0) * page top↑
漫画喫茶が第2の我が家
2ヶ月間の無銭飲食、計52万円なり。
2ヶ月近くも漫画喫茶の個室に居座りつづけた男性
詐欺の疑いで逮捕された。
男性は住所不定、無職の島田健太郎(33)。

島田容疑者は8月2日から9月26日までの間
長岡市内の漫画喫茶で個室を利用し
その個室でたこ焼きやジュースなどの
飲食物をなんと!計140点も食し
その料金計約52万円をあろうことか払わずに逃げた疑い。

島田容疑者は以前からこの喫茶を利用しており
この間は昼間外出しても夜は同じ部屋で寝泊りするなど
自分の家のように過ごしていた。
そして店員が支払いを求めても
もうすぐ払う」といい支払いを渋っていた。

そして島田容疑者の姿が消えたことに気付いた店員が
長岡署に届けでて、同市内のインターネットカフェ
いるところを警察官に見つかり逮捕された。

33歳働き盛り一生懸命、詐欺に汗を流したか

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 10 / 13 ( Thu ) 06:54:52
* ニュース * comment(0) * page top↑
ジーコジャパン、終了間際にまさか・・・
東欧遠征中の日本代表がウクライナに1-0で負けてしまった

日本代表は12日日本時間の午後11時キックオフのウクライナ戦に臨んだ。
前半はラトビア戦と同じく一進一退の攻防を見せていたが
試合が動いたのはやはり後半であった。

後半開始からFW高原に代わり鈴木が投入された。
そして悪夢が起こった。
ラトビアの選手にスライディングタックルをしかけた
中田浩二が一発レッドで退場となった。
個人的にはイエローが妥当ではないかと思うのだが。
ジーコ監督もレッドがでた瞬間大きく身振り手振りで
審判に抗議をした。

そして10人となった日本代表は穴を埋めるべく
中盤に箕輪、松井などを入れ運動量でカバーする事となった。
その後は徐々に動きが良くなり、ウクライナゴールを幾度か
脅かしていき、1人のハンデを埋めていった。

だが選手の豊富な運動量と相手のシュートミスなどで
無失点に抑えていた日本代表だが、後半終了間際に
箕輪がペナルティエリア内でのヘディング時に
相手の肩に手を置いていたなどで、PKとなった。

そしてウクライナはこのPKを難なく決め
そのまま1-0で試合終了。

個人的な意見ではこの試合の一番の強敵は審判だと思う。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

2005 / 10 / 13 ( Thu ) 01:14:23
* ニュース * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。