スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
台風で早明浦ダムの貯水率回復
渇水で貯水率が0%に落ち込んでいた四国最大の水がめ、早明浦ダム(高知県)は台風14号の影響による大雨で周辺河川から大量の水が流入したため、6日午後8時ごろ、貯水率が100%まで回復した。
国土交通省四国地方整備局によると、100%になったのは約4ヶ月ぶり。

香川、徳島両県に生活用水を供給している同ダムは梅雨時期に雨が少なかったことなどから、慢性的な渇水状態が続き、8月19日には1994年の大渇水以来、11年ぶりに貯水率がゼロとなっていた。

このため、香川県内ではプールの使用中止などの節水を進めたほか、発電用水の緊急放流が行われていた。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 09 / 06 ( Tue ) 21:26:16
* ニュース * comment(0) * page top↑
台風14号、千ミリ越す雨
台風14号は時速約5~20キロと自転車並みの速度でゆっくりと北上したため、九州南部で2日余りで1000ミリを超える雨を降らせた。「りんご台風」と呼ばれた91年の台風19号に似ているとの指摘もでている。

台風は、太平洋高気圧から吹き出される風に押し出されるように、高気圧の西の縁を時計回りに進む。今回は、この力が弱い上に列島に近づくと強まるはずの偏西風がこの時期、東北付近にあり台風を進める力になっていない。
偏西風に乗れば時速40~60キロで一気に進むはずが、ゆっくりした速度になっている。

さらに、北海道付近の高気圧が北上を阻み、進行を遅らせている。気象庁は今後も時速20キロぐらいで東北近くまでは進むとみている。
本来北上した台風は、列島にかかった秋雨前線を北に押し上げるが、台風14号の速度が遅かったため秋雨前線の活動も長くなった。これにより台風から離れた地域でも強い雨を降らせる結果となった。

アメリカでは、ハリケーン「カトリーナ」の影響で街が水浸しになり、復旧には1ヶ月~3ヶ月かかる大惨事となり、日本では大雨が続いた地方とまったく雨がふらない地方など今年は水に泣かされた年ではあるが、子供にとっては学校が休みになる確立が増えて、うれしいことではあろうと思う。
台風が嫌になるのは、大人になった証拠であろう。

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

2005 / 09 / 06 ( Tue ) 16:39:39
* ニュース * comment(0) * page top↑
台風14号、九州上陸へ
大型で強い台風14号は、6日午前6時現在、鹿児島県枕崎市の南約60キロの海上にあって、時速約20キロで北上している。

気象庁によると、台風は強い勢力を保ったまま北上。6日朝から夕方にかけて九州地方に上陸する可能性が高まっている。九州地方では風速25メートルの暴風域に入っており、過去数年で最も土砂災害の起こりやすい状態となっており注意が必要である。同丁では暴風や高波、大雨による土砂災害、河水の増水・はんらん、高波などに警戒を呼びかけている。さらに四国地方や中国地方では6日朝から夕方にかけて暴風域に入る見込み。

台風の中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルで、中心から北東側280キロ以内と南西側240キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。6日午前零時から同4時までの雨量は、九州南部で800ミリ、九州北部で500ミリ、四国で300ミリを超えている所があり警戒が必要である。

今回も去年の台風と同じように非常に強い勢力を持ち、日本全国を縦断するような形の移動経路となっており、台風が近づいてくると子供のときを思いだし、ついつい休みを期待してしまう。久しぶりにてるてる坊主を逆さにつるしてみよう。

テーマ:天気 - ジャンル:地域情報

2005 / 09 / 06 ( Tue ) 07:22:17
* ニュース * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。