スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
カトリーナ、被害過去最大級
米南部に上陸後、熱帯低気圧となった超大型ハリケーン「カトリーナ」の被害について、ミシシッピ州ビロクシ市の報道官は30日、ロイター通信に対し死者数が最終的に「数百人」に上る恐れがあると指摘。経済的損失と合わせ、米国で過去最大級のハリケーン被害となる可能性が強まった。ブッシュ大統領も休暇を切り上げてワシントンに戻り、災害救援の陣頭指揮を執ることを決定、連邦政府の支援も本格化することになった。

米CNNテレビによると、死者は30日(日本時間31日朝)の時点で、フロリダ州の11人を含め計68人。この数字は過去20年間で最多で、さらに増加するのは確実な情勢となっている。

経済被害も甚大で、米リスク分析会社「AIRワールドワイド」は30日、カトリーナの損害保険支払い総額が過去最高の250億ドル(約2兆8000億円)~170億ドル(約1兆9000億円)に達するとの予測を発表した。

カトリーナはメキシコ湾の石油産業を直撃したため、同湾の91%以上の生産施設が稼動を停止。供給不安の拡大から、米原油先物相場は終値で最高値を更新した。

過去最大級のハリケーンということで、各地で甚大な被害が続出しており、日本でも異常気象が原因と見られる大型の台風が網を振るっている。
このようなニュースを見ると、つくづく人間は自然に対して無力なのだと感じさせられる。
スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 08 / 31 ( Wed ) 13:44:01
* ニュース * comment(0) * page top↑
医師が手術中の患者殴る
滋賀県の国立病院機構の医師が、手術中の患者に暴力を振るって怪我をさせるという事件が発覚した。病院側は、この医師を停職処分にしている。

処分を受けたのは同県の東近江市にある国立病院機構「滋賀病院」の医師。病院を管轄する事務所の説明によると、この医師は今月1日、手術中の患者が手術を嫌がり「やめてくれ」と騒ぎ出したため、「体を動かすな、黙っていろ」と怒鳴った上、患者の額を1回こぶしで殴ったという。患者は全治5日間の怪我を負い、医師が手術を途中で打ち切ったため、2週間後に再手術を受けた。

すでに医師は患者に謝罪し、反省しているということだが、国立病院機構はこの医師を停職3ヶ月の処分にした。

手術中に騒ぎ出す患者も患者だが、殴るというのはいささか物騒だろう。
手術中の患者は、まさしくまな板の上の鯉という気がしてきた。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 08 / 31 ( Wed ) 09:58:59
* ニュース * comment(2) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。