スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
なんでも書けるマルチボール
今まで、ボールペンとはガラスやプラスチックには書きづらいものだと思っていたが、その欠点を解消した商品が既に発売されていた。
名前はマルチボールといい、プラスチックやガラス、陶磁器、金属などのボールペンが苦手としてきたものにも書けるのである。

油性マーカーもこれらのものに書けるが、ペン先が繊維の束なので細い字が書きづらく、書き続けるうちにペン先が崩れ、先が太くなってくるという欠点がある。
また、インキの揮発性が強く、キャップをはずして1時間も使うとかすれ気味になる。

このような事情からいろいろなものに書ける水性のボールペンが出来たらという開発の発想があったとのこと。
そこで、従来の水性ボールペンではインキの表面張力が大きく、プラスチックなどの表面でははじかれてしまう為、インキに「界面活性剤」を加えはじくのを抑えた。

また、プラスチックや陶器には紙と違い、インキをペン先から吸い込む「毛管現象」の作用が無いため、インキ自体をサラサラにして、自身にかかる重力だけでインキが出てくるようにインキの粘りを少なくした。
しかし、そうすると粘り気ば少ないためにペン先から漏れ出したり、逆さにした時に芯の末端からこぼれたりしてしまう。
それを解消するために、ペン内部にスプリングを付け、ボールを内側からペン先に押し付けて、本体との隙間を無くし問題を解消した。

マルチボールは2年前に発売されており、昨年には「落ちずに残せるものを」との要望で作られた、「パーマボール」を姉妹品として発売している。
ともに売れ行きは順調という。

「界面活性剤」とは、水と油を混ぜ合わせる働きを持つ物質のことで表面張力を下げる効果がある。
日常では洗剤などに使われており、水の表面張力を下げることによって汚れを包み込み、汚れを水の中に引っ張り出す。
これが界面活性剤の洗浄作用です。

「毛管現象」とは細い管状物体の内側の液体が管の中を上昇(又は下降)する現象である。
ボールペンなどでは、繊維の上で書くと毛管現象でインクが出てきたりする。
スポンサーサイト

テーマ:話題の商品 - ジャンル:ニュース

2005 / 08 / 22 ( Mon ) 09:42:42
* ニュース * comment(1) * page top↑
殺人未遂で18歳学生逮捕
大阪府豊中市で5月、草刈鎌をもった自転車の男に男子中学生ら3人が襲われ、2人が怪我をした事件で府警は21日、同市の専門学校性の少年(18)を殺人未遂容疑で逮捕した。

少年は20日に通行中の主婦に殴りかかったとして、
暴行容疑で現行犯逮捕された後、
連続襲撃事件について認めたという。
少年は「高校時代に自分が描いた漫画を人から「下手だ」といわれたなどしたことを思いだし、
人を傷つけたくなった」と供述している。

事件は5月29日午後6時10分頃、
同市三和町の2丁目と4丁目の路上で、
自転車に乗った男性会社員(26)と中学1年生の男子生徒(13)にすれ違いざまに鎌で切りつけ、
腕や肩に約10日間の怪我をさせた疑い。
少年はこの事件の直前にも現場近くで少年に似た男が男子大学生2人に鎌で切りかかっており、府警は関連を調べている。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2005 / 08 / 22 ( Mon ) 00:24:17
* ニュース * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。